マニアックレシピ
「非日常を食卓に!」 をテーマに、もてなし料理を 作っている私から 料理にまつわる面白いエピソードや 作り方を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青いパパイヤの香り
映画『ノルウェイの森』で、
日本でも名前が知られるようになった
ベトナム人の監督トラン・アン・ユン。

彼のデビュー映画
『青いパパイヤの香り』は
瑞々しく美しい映像で
印象に残る映画です。


マシンガントークの多い
ハリウッド映画とは違い
台詞も少なく『静けさ』の
中に多くを語らせる
東洋人らしい作風です。


感性豊かな作品で、
トラン・アン・ユンの名前を、
一度で覚えてしまいました。

映画の題名にある『青いパパイヤ』

パパイヤといえば、
オレンジ色の甘いくだもの。

ですよね?


東南アジアの諸国では
熟す前の青いパパイヤを
野菜として使います。


IMG_0013_convert_20120206202648.jpg



以前はたまに南京町で
見かける程度だったのが

沖縄産のものが、
出回るようになりました。

沖縄では前から食べてたのかなあ?


歯触りは、にんじんに近いです。
以外にクセはありません。


青パパイヤの代表的な料理といえば、

タイの「ソムタム」

甘辛酸っぱいタイらしいサラダ。

タイのやり方で、パパイヤの皮をむいて、
縦に切れ目を入れてそいでいく。

を試しましたが、けっこう硬い。
手を切らないよう、気をつけて。


そぐのは、ピーラーを使用。


ようするに、千切りにすればいいわけです。


ドレッシングの材料は

トウガラシ・干しえび・ピーナッツ

ライムの絞り汁・砂糖・ナンプラー


石臼がないので、
フードプロセッサーで、お手軽に。


それを千切りのパパイヤに
手でしっかりもみ来んで出来上がり。


トマトを細かく刻んで加えてもおいしいよ。


IMG_0017_convert_20120206202926.jpg



白いご飯に合う一品です。


それに青パパイヤには、タンパク質分解酵素が
含まれているので、肉料理といっしょに食べると
消化を促進してくれます。


栄養価も高く食物繊維も、
多いので、美容にもいいですね。


青いパパイヤを見かけたら
試してみてください。





AYAKO
スポンサーサイト
トーニュー!
お正月も過ぎ、はや一月も終り。
カガミをみるのが怖ろしい事態に・・・
デブってる!

見て見ぬふりしてたのに、もう限界!

隠すのが上手いなんて
自慢にしてる場合じゃない。
今なんとかしなくては・・・

で、手始めに牛乳を排除。

豆乳に変更。

気休めかもしれないが、
何もしないよりまし。

牛乳より豆乳の方が
栄養的にも好ましそうだしな。

だいたいスーパーに並ぶ
牛乳ってなんだろう?


まさか、牛から搾った乳を熱処理して、
そのままパッキングされたものだ
なんて思ってる人はいないよね?


昔の牛乳は、そうだったかも。


でもそんなピュアな牛乳が、
1ℓ、200円前後でズラッと
並ぶわけないと思いませんか?


冷静に考えると、そうでしょ?

いったん粉末化させて、
出荷時に水でもどしてるとも
聞いたことがあります。

保存も流通も楽だよな。

もちろん、本来の栄養
カルシウムやタンパク質もなくなり、
残るは脂肪のみ。

あれだけ牛乳が出回っているのに、
転んだだけで、骨折する子供が
続出なんておかしいでしょ?

脂肪分のみの牛乳を
大量に飲むことで
体は大きくなりますが、
中身はスカスカの子供が
増えたという説も・・・

私は、ずいぶん前から
牛乳は嗜好品だと思ってます。


豆乳がベストかは、わかりませんが、
まだ需要が少ないので、
おかしな事をするメリットも
少ないだろうという読みです。


それに女性に嬉しい
イソフラボンも入ってるし
ルンルン・・・

(注:イソフラボンは植物性の
   女性ホルモンともよばれてます)


ちょっとクセがあるけど
慣れれば平気。


牛乳より濃厚でクリーミーです。
フレンチトーストは、豆乳の勝ち。


豆乳を鍋で温めると、牛乳とおなじく、
表面に膜がはります。



ゆば1




これが、湯葉です!

牛乳だと、気持ち悪くて残してしまいますが、
豆乳だと、出来たて引上げ湯葉。

高級京料理。

ワサビ醤油で食べれば、
ゲキうま!!!



ゆば2




上品に湯葉を頂いた後は
野菜たっぷり豆乳ナベだ~!
ゆずコショウがあう!




豆乳ナべ





AYAKO






七草
あけましておめでとうございます。



早いもので
今日は七草。


邪気を払い、万病をのぞくという
呪術的な意味以外にも、

年末年始でごちそうを食べ過ぎた
胃腸を休ませ、冬場の野菜不足をおぎなう。

という、理にかなった意味もある七草がゆ。


せり・なずな・ごぎょう・はこべら
ほとけのざ・すすな・すずしろ


七草



本来は旧暦で行われる儀式なので、
新暦の1月7日では、七草全てを
そろえるのは難しい。


今は、ハウス栽培のものが
スーパーなどで売られているから
それを買うと


「春の野にいでて、若菜つむ、
 我がころもでに雪は降りつつ」


春の若菜摘みは、
万葉の時代から
歌に詠まれることも多く。


よく行われた
風習だったようです。


新暦だと今から寒さが
厳しくなるお正月ですが、

旧暦だとお正月からが春。

七草がゆは、


七草がゆ



寒い冬を過ぎ、自然が息を吹き返す
春を感じるための、
儀式だったのかもしれません。


春の足音を感じながら
七草がゆをいただきます。




AYAKO

「あほやなあ」
「あほやなあ」

この言葉は地域によって、
意味が違うようだ。

吉本興業の全国制覇にともなって、
大阪弁がポピュラーになってきては
いるようだが・・・。

大阪弁の「あほ」には「愛」がある
「ばか」とは意味が違う。

「あほやなあ」
はその裏に「好き」が
隠れている場合があるので
大阪以外の方はご注意下さい。


この「あほ」が海を渡って
スペインに行くと・・・

「ajo(アホ)」

「にんにく」になる

Sopa de ajo(
(ソパ デ アホ)

ニンニクのスープは
スペインを代表する家庭料理だ!


元々は堅くなったパンの
再利用料理です。



ニンニクを多めのオリーブオイルでいため、
堅くなったパンを細かく切って加える。

パンにニンニクオイルが
しみたら水を加えて煮る。

味付けは塩こしょうに
パプリカパウダー
最後に卵を落として出来上がり。


ソパデアホ





いかにも庶民的な余り物料理でしょ?

でもパプリカの赤いスープに
卵の黄色が浮かんで・・
アンダルシアの太陽と

ひまわりを思わせる一品です。


私は水だけではなく
スープキューブでより美味しく。


最後にパルメザンチーズを振りかけて
少し濃厚な「ソパ デ アホ」を
楽しんでいます。



ニンニクは疲労回復に有効な
ビタミンB1を体内に
ためておく働きがあります。

体を温める作用もあり、
女性にうれしいスープです。


アンダルシアの太陽を
体に入れて、キレイになりましょう。




AYAKO
黄金のタバスコ
秋口、店頭にまっかな可愛い
生唐辛子がでてきます。


これを見つけるとついつい
作りたくなるのが、タバスコ!

タバスコを自分でつくるなんて
考えた事あります?

私は全く概念にありませんでした。

だいたいタバスコってピッツァに
使うくらいでしょ。

買おうとも思わなかった。
そうじゃありません?

タバスコのある家って
少なくないですか?

それがなぜ作るようになったかって?

実は私のお料理の師匠
(と勝手に思ってるだけ)
のお家でのこと。

ごちそうになった蒸しとりのつけダレが
あまりに美味しくて・・・

味に深みがあるのに
さっぱりしてて
いくらでも食べられそう。

何なのか聞いてみたら、

『タバスコ』

しかも自家製。

「え~・・・!」

絶句。

だってタバスコって真っ赤でしょ。

目の前にあるものは
黄金色の透明な液体。


タバスコ2



「なんでなんで?」

師匠いわく

あの真っ赤な代物は、量増やしに
漬けたとうがらしも一緒に
ミキサーにかけたものだとか・・・

とうがらしを取り除くと
この黄金色の透明な液体に
なるそうです。


赤いタバスコは
「貧乏くさい!」
ですって・・・

たしかに、赤いタバスコに比べて

この『黄金色のタバスコ』は
見た目も味も『ゴージャス!』です。

ただし辛さはひかえめ。

とにかく辛いのがよい方は
貧乏くさい赤いのをどうぞ。


『黄金色のタバスコ』は、
応用範囲は赤タバスコの
比ではありません。

先ほどの蒸し鶏の他
ゆで豚肉・蒸し魚・ゆで野菜など
いろんなものをつけて召し上がれ

素材の味を10倍は
美味しくしてくれます。


作り方は簡単

生のとうがらしを洗って
塩漬けにします。

塩の量は適当
唐辛子にまんべんなく
まぶる程度。


タバスコ1




数日したら、お酢を加えて。

そのまま冷暗所で保存。

1ヶ月位すると塩が溶けます。

その時点でも食べられますが、
長く寝かせる方が味に深みがでます。

師匠は3年寝かせるそうです。


タバスコ



取り出した唐辛子は
は捨てずに
乾燥させて、料理につかいます。

タカの爪より味に
深みがあって、使い道は無限

書いてると生唾がでてくるなあ。

今夜は『黄金のタバスコ』で蒸し鶏かな!




AYAKO



プロフィール

lachica28

Author:lachica28
エスニック大好き。
旅の楽しみは、食べる事。
使用言語は大阪弁



最新記事



カテゴリ



カニ・カニ・カニ



おいしいお米を食べよう



おいしいスイーツ



安全な野菜を食べよう!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。